株式会社油久 Resumu
建材販売から建設・設計・施工・リフォームまで
一貫して供給する株式会社油久
Homeへ

HOME>会社案内>会社沿革

明治10年頃 梶川久蔵、古出来町において菜種油の精製を業とし、油久と称す。
明治20年頃 壁材販売、建材製造業に転向。
明治40年頃 二代目・伝次郎、三代目・重三郎、実業を継承。
昭和15年 四代目・久蔵代表社員となり、工場を矢田町に移す。
昭和29年 (有)油久商店となる。資本金100万円。
昭和33年 梶川重久、代表取締役となる。建材製造業を止め、現在地にて卸売業に専念。
昭和45年 静岡営業所開設。
昭和46年

(株)油久に組織変更(9月)、資本金1.000万円。
新社屋改築(7月)し、商品配送センターを小牧に移す。

昭和47年 工事部門を新設し、建設大臣許可を受ける。
昭和48年 資本金3.000万円増資(6月)、従業員持株制度発足。
昭和52年 (株)油久木工設立。
昭和54年 運輸部門を独立させ、(株)村中運輸設立。
昭和60年 梶川久雄代表取締役となる。
油久一級建築事務所開設。
ABQリフォームセンター開設。
昭和62年 旭化成へーベルハウス指定工事店契約締結(2月)。
昭和63年 ABQホーム(ツーバイフォー住宅)、住宅都市整備公団採用となる。
平成13年 宅地建物取引業者免許取得。
平成27年 小牧営業所(建材卸部門)開設。